お知らせ

2019年10月の御案内。

誠に勝手ながら、10月3日(木)・6日(日)・16日(水)・23日(水)・30日(水)

の店舗営業は、休業させて頂きます。

宜しくお願い申し上げます。

また、急な出前により短時間休業する場合がございますので、お電話お願い申し上げます。

 

三代目主人の岡本 健志です。

当店の代表料理《くわ焼き(御猟鍋(ごりょうなべ))》は、鎌倉時代まで遡ります。今では焼き肉は珍しくないですが、昔は珍しい公家の方の外食であったとされ、猟の帰りに当時のお百姓の家に立ち寄り、鍋が壊れて使えなかった為、農耕具の鍬(くわ)を使ったのが、始まりだそうです。

当時、四足の動物は、宗教上、口にしなかったので、猟で捕った野鳥の脂(あぶら)を使って、その鳥肉と、お百姓の野菜を焼いて食したそうです。また、鍬が鋤(すき)の仲間で【くわすき】と言われていたという事から、『すき焼き』の元祖と紹介させて頂いております。

北斎は、滞在数時間で、800年前の鎌倉時代の食文化を、体感でき、味わえ、継承するお店です。

また、フランスの方から、ガストロノミー(料理を中心として、様々な文化的要素で構成されている事)と、

嬉しい言葉も頂いております!

皆さまの御予約、お待ち申し上げております!

 

【御注意】

当店、令和元年現在、「食べログ」とは、一切関わりがございません。

食べログの情報は、扱っておりませんので、御注意、宜しくお願い申し上げます。

 

 

飲み放題始めました!

基本二時間。2.500円(税別)

(お酒の種類等はお問い合わせ下さい。)

当店のおすすめ!

炭火くわ焼き【京鴨】

別名『美容のビタミン』と呼ばれる、ビタミンBや、鉄分が豊富で、不飽和脂肪酸が多い事により、消化に非常に優しく、血液中のコレステロールを低下させる働きがあります。

また、海外では、解毒作用のある食物とし認知されており、当店では、京都産の上質な鴨肉を、たっぷりのお野菜と一緒に焼いて食べて頂きます。

【くわ焼き】は、すき焼きの元祖として、紹介もして頂き、鎌倉時代。京都の洛北の地で始まったとされる料理法を、三代に渡り継承しています。

 

さっぱりと頂ける【鴨のしゃぶしゃぶ】も、御好評です。

                     三代目 主 人

御注意。当店、「食べログ」とは、関わりがございません!

 

 

【当店の動画について】

画面下の方に、【炭火くわ焼き】の紹介と、歴史の動画がありますので、是非、御覧ください。

鴨と炭火くわ焼(御猟鍋)料理

こだわりのお肉

お肉は、全て京都産のものを使用しております。
京の鴨・鶏・牛を使用したしゃぶしゃぶや、当店オリジナルメニューの炭火くわ焼(御猟鍋)を是非ご堪能ください。

こだわりのお肉

お野菜も、全て京野菜を使用しております。
季節ごとに変わる旬のお野菜も当店のこだわりの1つです。

変わることのない心意気

京都・祇園にある【炭火くわ焼・京料理 北斎】のホームページをご覧いただきありがとうございます。

当店では、お客様とくわ焼(御猟鍋)と素材の出会いを大切に、京でとれた・野菜・魚を使った古典的で素朴なお料理をご提供しております。
風情漂う建物の中、お料理をお楽しみいただければと思います。

一階はお一人様からカップルでのカウンター席、グループのご会食でのテーブル席、二階は大切な方やご接待での個室(予約制)をご用意しております。

心ゆくまでお料理と空間をご堪能ください。
皆様のご来店を心よりお待ちしております。


三代目店主 岡本 健志